『秘密基地vol.10』 演者紹介1 田中謙伍

1 11月

さてさて、今日から秘密基地の演者を順番に紹介していきます!
初日はvol.5にも出演した彼です。

オリジナル道具紹介

田中謙伍と申します。ステージネーム「いっせい」という名前で活動しております。

さて、今回の秘密基地ではオリジナル道具を使用した演目を行う予定です。今回はその道具が生まれた経緯をご紹介しようと思います。

私は普段皿回しをメイン道具としてジャグリングをしております。その際使っているのがこちらの「いっせい皿」という物です。

ヘンリースのスピニングプレートに溝ゴムとゴムチューブを巻く改造を行っています。こうすると皿が重くなり、回転持続力が上がります。

ありがたいことに、こちらのいっせい皿の作り方をよく質問していただいていました。そこで、せっかくなら簡単にいっせい皿を作れるアタッチメントを作ろうと作成したのがこちらです。

題して「いっせい皿のいっせいの部分」です。自宅の3Dプリンタで製作しました。

溝にはめるだけで簡単にいっせい皿が完成します。磁石でくっついているので、回しても外れません。

しかも、磁石内蔵リングとしても使用できます。思ってもみないくっつき方をしたり、不思議な動きをしたりと面白い道具になりました。

この「いっせい皿のいっせいの部分」を使ってどんな技が飛び出すのか…?ぜひ、秘密基地vol.10でご覧ください!!


【秘密基地vol.10 空席状況】
・11/14(木)19時~ △
・11/15(金)19時~ ◯
・11/16(土)13時~ ◯/19時~ △
・11/17(日)11時~ ◎/16時~ ◎
14日19時回、16日19時回のお席が少なくなって参りました。ご注意ください。

予約はこちらから
https://forms.gle/iK5gcfYBKh4trXaL8

『秘密基地vol.10』(11/14-17)

2019年11月公演情報

Juggling Unit ピントクル主催 オムニバス公演『秘密基地vol.10』

【秘密基地とは】
Juggling Unit ピントクルが運営する「ジャグリングの新たな魅力を開拓する」をテーマにしたオムニバス舞台公演。各団体5~20分程度のジャグリング作品を上演する。
競技スポーツ、舞台芸術、メディア・アートなど多様な幅をみせる現在のジャグリングシーン。それら複数の流れを劇場という空間で繋げ、「する、見る、考える」ことでジャグリング文化の創造を目指す。

【日程】
2019年
11/14(木) 19:00~
11/15(金) 19:00~
11/16(土) 13:00~(※)/19:00~
11/17(日) 11:00~/16:00~

※公演終了後、1時間程度のワークショップあり
ワークショップ情報はこちら

受付開始:開演の40分前
開場:開演の30分前

【出演者】
aube
鈴木仁

田中謙伍
恒吉優紀(※)

中西みみず
focus(※)
福井裕孝
Room Kids & パ技ラボ
山下陽一郎(※)
山村佑理

※一部日程のみ出演
11/14 恒吉優紀
11/15 山下陽一郎
11/16,17 focus

演者紹介ページはこちら

【会場】 
こまばアゴラ劇場(東京) 
目黒区駒場1-11-13
公式サイト

【予約】
予約はこちらから

https://forms.gle/iK5gcfYBKh4trXaL8

【料金】
大人 3,000円
学生 2,000円
リピート割引 各種1,000円引き

※学生料金について
学生の対象になる方は高校生以下、大学生または専門学生、大学院生です。
受付にて学生であることを証明できるもの(学生証など)をご提示ください。

※リピート料金ついて
2回目以降の観覧におきましては、リピート料金にて観覧することが可能です。
予約フォームの備考にて、リピートであることを明記し、当日の受付にてチケットの半券をご提示ください。

【スタッフ】
舞台監督: 葛川友理
音響: 道野友希菜
照明: 渡辺佳奈、斎藤 浩一郎
宣伝美術: mk(Flow Art Circle LateR)
制作: 新原伶、松前健司
MC とみさこ

主催: Juggling Unit ピントクル
提携: (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
協力: 浄土複合


Deprecated: 関数 the_meta は、バージョン 6.0.2 から非推奨になりました ! 代わりに get_post_meta() を使用してください。 in /home/bisquebat5/www/app/wp-includes/functions.php on line 5379